初心者でも安心できる不動産経営|賃貸管理を楽にする

賃貸保証のメリットとは

賃貸物件

保証料を吟味して

所有している不動産で賃貸経営をしたい、そのような時に選ばれているのが賃貸保証会社です。もし家賃滞納があっても、その分を保証してもらえるので安心です。最近は、不動産管理会社で、賃貸保証部門を設けていることもあります。もちろん会社によって保証内容や費用は様々ですので、自分に合った賃貸保証会社を選んで契約をするようにしましょう。選び方としては、賃貸保証内容を充実させるか、あるいは入居者負担を減らすかがポイントとなります。前者は家賃の安定収入や、原状回復費も保証内容に入っている点が魅力です。一方入居者負担を減らす、すなわち保証料を少なくするようにして、入居率をアップさせるという方法もあります。この賃貸保証会社は、連帯保証人が原則不要なので、高齢者や外国人世帯にも人気があります。ですから、保証料が少ないと、さらに希望者が多くなり、空室の割合が少なくなります。また保証料が少なめで、オーナーへの保証内容が充実している賃貸保証会社もありますので、そのような会社でよく相談をして、契約するようにするといいでしょう。他にサブリースといって、物件を一括して借り上げて、空室分も家賃の保証をしてくれる賃貸保証会社もあります。ただしこの場合は、収入が安定はしますが少なめになること、敷金や礼金などは会社の収入になる点に注意しましょう。駅の近くなどで、そこそこ入居率がある物件の場合は、特にサブリースでなくても、普通の賃貸保証会社付きで十分対応可能です。