初心者でも安心できる不動産経営|賃貸管理を楽にする

貸し出して収入を得る

間取り

マンション経営とは、入居者を募集して賃貸としてマンションを貸し出して収入を得ることです。これは、取得したものから定期的に収益を得ていくインカムゲインの投資法になります。投資対象には、購入価格のおさえられる中古マンションと入居者に人気の高い新築マンションがあります。マンション経営は居住用の物件に投資するのですが、ワンルーム投資と一棟買いの2種類ありそれぞれにメリットを持っています。ワンルーム投資とは分譲マンションの一室を購入してこれを貸し出します。一棟買いとは、賃貸マンションを一棟ごと購入してすべての部屋を賃貸住宅として提供します。ワンルーム投資は少ない資金からマンション経営を始めることが可能です。対して、マンションの全室を貸し出して家賃を回収できるので、高い利回りを期待できます。また、マンションと同時に土地も一緒に所有することになるので、高い資産価値を持っているのが一棟買いのマンションです。マンション経営の一番のメリットは、長期にわたって安定した利益を得られるところです。入居者がいる限り毎月安定して家賃が入ってきます。そのうえ、景気の変動を受けにくいというのも特徴です。インフレで物価が上がったとしても、この上昇に合わせて家賃を上げていくこともできます。逆にデフレになった場合でも家賃収入は大幅に下がることはありません。このように、景気が悪くなったときでも影響を最小限におさえることができます。