初心者でも安心できる不動産経営|賃貸管理を楽にする

賃貸保証のメリットとは

賃貸経営は賃貸保証会社と契約すると、家賃滞納時でも安定した収入が得られます。保証内容や保証料は会社により様々なので、自分に合う所と契約しましょう。入居者に取っても保証人不要なので、この手の物件は便利です。また物件を借り上げるサブリースもあり、空室保証もしてくれますが、収入はいくらか少なくなります。

ヒアリングによる判断

積み木

まずは相談して比較

業者に委託して賃貸管理を行うときには、まずいくつかの業者に相談してみるのが確実性の高い方法です。賃貸管理を委託する業者に対して何を求めるかは人によって異なりますが、費用の安さや管理のレベルの高さなどの他にも重視しておくと良い点があります。賃貸経営は長期的に行っていくものになり、経営をしている限りはその業者と付き合いを続けていくことになるでしょう。そのため、担当者との付き合いやすさを重視して選んでおくのが賢明な考え方になります。賃貸管理をしていく上では何度も業者に連絡して対応をしてもらうことになるでしょう。あらゆる業務を任せていたとしても住人からオーナーに問い合わせた来たり、苦情が寄せられたりする場合もあります。そのときに気軽に連絡をして仕事を任せられる担当者がいると安心できるでしょう。いつも親身になって対応してくれる担当者に出会えるまでヒアリングを繰り返してみるのが重要です。基本的にはこれから賃貸経営を始めるから賃貸管理について相談したいという話を持ちかけると、業者では賃貸物件についての情報や業務内容などについてのヒアリングを受けることになります。その間に自分と波長が合う担当者かどうかは判断できるでしょう。業者と契約を結ぶという形にはなりますが、契約書を掲げずとも付き合いができる担当者がいれば安心して経営を続けることができるでしょう。ヒアリングはそのための機会だと考えるのが大切です。

男女

小規模ビルへの投資

個人投資家の間で存在感が高まっているのは、1億円未満で購入可能な、大阪市内のビルなどの収益物件です。手ごろな価格なので分散投資も容易であり、格安な小規模ビルもリニューアルによって、満室経営が実現できるでしょう。

間取り

貸し出して収入を得る

入居を希望する人に賃貸としてマンションを貸し出すことがマンション経営であり、これを行なうことによって、安定した収入を得ることができます。マンション経営では、マンション一棟を購入して行なう方法とマンションの一室のみを購入して行なう方法の2つがあります。